ちょいと遠いけど
やっぱり行きたくなる 蕎麦屋さんといえば
胡桃亭。
半年ぶりだ!
浦和から宇都宮線に乗って2時間ちょっと。
新聞読んだり、ボ~~っとしてたら着いちゃいますね。

普段は車で行きますが、
そうすると運転手が酒呑めません。
わたしだけいつも呑むのも悪いので、
今回は電車でGO!笑い 偉い!>自分!

あんまり美味しかったから
写真は超UPでご報告

=================

今回はコース+αで頼みました。

蕎麦がゆ・蕎麦寿司・蕎麦掻き・出汁巻き卵・天ぷら・せいろ

まず蕎麦がゆ
朝から朝食もとらずに行ってもう11時半。
夫婦共に腹減りすぎて機嫌悪いぞ。

ぐーぐーのお腹にはこの柔らかい味は嬉しい。
蕎麦の実の他にナンだろうこの酸味のあるダイダイ色のものは
と思ってたら 梅の実たたいたものでした。
1211a.jpg

この蕎麦寿司は天下逸品と思いませんか?
これが蕎麦寿司ですよね。
ただ単に、蕎麦を束ねて海苔で巻いてある
そんじょそこらのエセ蕎麦寿司とは別物。
これを食べにだけでも行ってもソンはないというシロモノダだ!

1211b.jpg

↑蕎麦がき・・・
 餅ですか?と聞きたくなるようなもっちり舌触り。
1211c.jpg

↑揚げ蕎麦がき
 わたしの一番のお気に入りがこれ。
 揚げてあるぶん、香ばしさがあって、クセのある酒に合うと思う。
 今回、変形蕎麦がき揚げを出してくれた。
 おせんべい風になってるのだ。
 磯辺焼きみたいで、これもまた酒に合う!
 
↓焼き鴨
 これはコースではありませんが
 やっぱり食べたい逸品。

1211d.jpg

↑かけ蕎麦
 あったかい蕎麦。。。
 なんてしみわたるんだろう。

酒は 王道を5合
秋鹿山廃→奥播磨→悦・凱陣→るみこの酒→秋鹿無濾過

〆のせいろ蕎麦。
塩で食べるも、出汁で食べるも好み次第。
塩でいただきますと、ますます酒が旨し!

1211e.jpg

いつもは車の運転があるから呑めない徹さんも
本(藤沢周平:蝉しぐれ)読みながらのんびり2時間半。
お店の奥の座敷で優雅に優雅に。

かなりご機嫌で食べ終わってました。

ありがとう・ごちそうさまでした。

みなさま、時間があれば行きませ、胡桃亭。
宇都宮線野崎駅下車
「一区町の胡桃亭」ってタクシーさんに言えば
わずか5分。

おいしい蕎麦が迎えてくれます。